8
8月

学校で大活躍のダンボール

学校では様々なものが活用されますが、中でもダンボールは長年いろいろなことに使われていますね。

特に小学校ではダンボール工作を授業に取り入れてるところも多く、他にも学校のお祭りや運動会、発表会などでも大活躍しています。

例えば、学校のお祭りではクラスの出し物の看板としてやメニュー表、学校内を飾るオブジェなどに使われています。
運動会ではキャタピラにしてキャタピラリレーをやったり、運動会で使う大きめのものに工作して使われたりと様々です。
発表会では劇には欠かせない劇中で使われる大道具たちはほとんどがダンボールで作られています。

このように学校でダンボールが活用されることによって子供たちはダンボールを身近な材料として使用してるということになりますね。
小さな頃からダンボールは身近なものであると言えます。

学校の図工の時間にダンボール工作として一人ひとつのものを作ったり、たくさんの人数でダンボール迷路など巨大なものを作ったりと用途は様々です。
安全に使えて、使いやすいからこそ学校側も積極的にダンボールを使うことを取り入れてるのでしょうね。

創造性を与えてくれるのもダンボールの良いところなのかもしれません。クラフト色の大きなダンボール材を使ってなにを作れるかを考えるのが子供たちの楽しみなのかもしれませんね。

25
7月

ダンボールで生ゴミを処理しよう

by eiseisite in 段ボール活用法

Comments closed Comments

ダンボールを使って生ゴミを完熟堆肥として再利用してみましょう。

ダンボールを箱にしてフタ付きのダンボールにします。フタは無ければ作ってください。フタ付きのダンボールであれば手間はかかりませんね。

ダンボールは通気性を考えテープなどを使う際は最小限にしましょう。キリなどで穴を数箇所空けても良いかもしれません。
そして底部分に新聞紙をしっかりと敷きます。数枚を何重かに重ねて敷きます。
そしてその上に堆肥に合う土をホームセンターなどで購入し入れます。そしてモミガラも同じく入れて水を1リットルほど入れてよくかきまぜます。

家庭で出た生ゴミをその中に入れましょう。
分解しないものもあるのでそれらはインターネットなどで調べると良いですね。貝殻などは分解しませんので注意が必要です。
魚のホネや野菜の皮など分解できるものは土に混ぜます。生ゴミを入れたらしっかりと混ぜることが大切です。
それを繰り返して3ヶ月ほど経ったら完熟した堆肥として庭などの土として植物たちの栄養になってくれます。

分解してる最中、ダンボールの中は50度ほど温度が上昇しますがあたたかくなるのが普通ですので大丈夫です。ダンボールはしっかりとその熱に対応してくれます。
生ゴミ分解機としてダンボールは活躍してくれますので自分で堆肥作ってみませんか。

11
7月

部屋を片付けよう!

by eiseisite in 段ボール活用法

Comments closed Comments

部屋を片付けると必ず出てしまうのがゴミです。
しかし、今の時代ゴミは分別しなければいけません。
そのため部屋の大掃除をするときなどゴミ袋がいくつにもなりそれらの袋をひとつひとつ探して捨てるという行為が面倒でやりたくないという声も聞かれます。

そんなときは誰でも考えることですがダンボールをいくつか用意しましょう。
そしてそれにゴミ袋をかぶせます。
分別の分ダンボールを用意してとにかくポンポンと入れられるように捨てていきましょう。
ゴミ袋をひとつひとつ一回一回開いたり、それを持ったりするのはとても面倒で、時間のロスが生まれてしまいます。
大掃除を早く、そして簡潔に終わらせたいのであればダンボールのゴミ箱を作ってしまうのが効率的です。

ダンボールのゴミ箱がいっぱいになったらゴミ袋をしばって次のゴミ袋を被せてまたポンポンと捨てていく。
それだけでかなりの時間の短縮になります。そして不要なものはポンポンと捨てられるのであまり考える時間なく捨てられるのは良いですね。

ただダンボールをゴミ箱にするだけで掃除がはかどること間違えなしです。

使い終わったダンボールは畳んでリサイクルに出しましょう。ダンボールはリサイクルに出すとまたダンボールとして生まれ変わる優れものですのでダンボールはゴミには出さないでくださいね。

27
6月

ペットに大人気のダンボール

by eiseisite in 段ボール活用法

Comments closed Comments

家でペットを飼う方が増えています。今ではペットは家族として一員で、大変大切に育てられてる方が多いと思いますがペットたちはなにをして家の中え過ごしていますか。

実はペットたちにとても人気があるのがダンボールです。
特にネコは爪をとぐためのグッズもダンボールでできていることが多くネコたちにとってはダンボールは絶好の道具ともいえます。
爪を研いでも怒られることなく思う存分爪を立てて引っかくことができます。

さらにネコちゃんたちのだめにダンボールハウスを作ってあげましょう。
複雑な作りにすればするほどにネコちゃんたちは喜んで駆け回ります。
トンネルが大好きなネコちゃんたちはダンボールハウスに入って、上って、下りてを繰り返して遊びます。

ネコだけではなく、ダンボールハウスはワンちゃんにも有効です。
ただワンちゃんはネコほど高く飛び上がることはできないのでダンボールハウスにするときには高さには気をつけましょう。

ペットにとって思い切り遊べる大きめのおもちゃというのはなかなかないので新鮮で爪を立てたり、噛みちぎったりしてもなにも怒られることはないので自由に遊べますよね。
ダンボールはペットちゃんたちにとってもとても自由で使いやすく安全なおもちゃとなってくれるのです。

13
6月

ダンボールのカーテンを見たことがありますか

by eiseisite in 段ボール活用法

Comments closed Comments

今、ダンボールインテリアが注目されていますが、ダンボールインテリアはダンボール工作の延長上です。
とてもキレイに作ることができるのは小さな頃ダンボール工作で楽しんで培ったものかもしれませんね。

そんなダンボールインテリアですが自分でもダンボールの板材などを取り寄せて作ることができます。

ダンボールのカーテンを見たことがありますか。
なかなかダンボールをカーテンとして使おうなんて発想はないですよね。しかし、ブラインドのようにしてダンボールをカーテンとして使うととても新鮮でおしゃれなものになるのです。

まっさらなダンボール材を購入します。
インターネットなどで気軽に自分がほしいサイズを購入できますのでお試しください。
それらを同じ幅で同じ長さでカットします。
幅は15センチほどで長さは窓の大きさに合わせて調整してください。それを窓の大きさに合わせて何枚も作ります。
それらを同じクラフトカラーの糸や紐などでつなぎます。穴を開けて1本の紐を通して最終的に結び全体的に考えると紐が長い円になったような感覚です。
そうすると引っ張るとダンボールがひとつにまとまるという動きになります。

15センチ幅のダンボールたちがカーテンとなって窓に並ぶのはとてもおしゃれでかわいいですよ。
ダンボールは機密性も保温性もあるので窓にあると部屋の中の温度窓の外に逃がさないのであたたかい部屋になることでしょう。

30
5月

収納にあわせて大きさを変えてみよう♪

by eiseisite in 段ボール活用法

Comments closed Comments

ダンボールは四角く大きさもダンボール業者の規定で決まっています。
しかし、ココにダンボールを入れられたら…と収納として活用する際に思ったことはありませんか。

例えばベッドの下のスペースにダンボールを入れて収納として使えたら便利だなぁとか、家具の隙間のスペースに収納として入れられたら…という考えになったことがありませんか。

そんなときは作ってしまえば良いのです。
ダンボールは気軽に誰でも工作できるところが良い点でもありますので好きなサイズにカットして布や包装紙などを貼りつけ、それから好きな大きさに組み合わせると自分サイズの収納は簡単に作ることができます。
こんなサイズの収納欲しかった!を簡単にかなえることができます。

そういった隙間やスペースの活用をするにあたってピッタリなサイズの収納というのはなかなかないものですが、なければ自分で作っちゃいましょう。
ダンボールは簡単に切ったり貼ったりすることもできますし、なにより良いのは簡単にできること。

簡単に誰でも作ることができて誰でも簡単に設計することができるのです。
さらにダンボールはとても丈夫で長持ちしてくれることでしょう。いらなくなったり使わなくなったりしたらリサイクルとして出してしまえるところも良いですね。

16
5月

保存庫はダンボール

by eiseisite in 段ボール活用法

Comments closed Comments

ダンボールには様々な使い道がありますがそのままでも充分に活用できます。

ダンボールにそのまままとめたいものを収納して押入れの奥にしまうなんてことも多い活用法で、そのままの活用法ですが、ダンボールは以外にも保存庫になると知っていますか。

毎日の食卓で欠かせないものをいえば野菜。
野菜を取らないと人間の身体の栄養は偏ってしまいます。とても栄養素の高い大切な野菜。
野菜を保存する中で、冷蔵庫で保管するものと冷蔵庫ではなく常温で保管するものとありますよね。

特に根菜と呼ばれる野菜たちは陽の当たらない場所で常温で保存することで長持ちし、おいしく食べることができます。

それにとても向いているのがダンボール保存です。
保存方法は簡単です。
ダンボールにただ入れておくだけ。部屋の中の湿気などにもよりますが、もし湿気が多い部屋だとしたら湿気をとるシートなどを一緒にいれると良いですね。
ダンボールの中でニンジンやジャガイモ、カボチャなどを保管し、キッチンの棚の中や空いたスペースに置いておくと野菜たちを保存することができますよ。

ただ単にダンボールに入れてあるだけに感じますがダンボールは保存のために余計な湿気の除いてくれるだけでなくそれによって虫よけになったり機密性が適度にあるので保存状態として長持ちしたりととても適しているのです。

2
5月

ダンボールでインテリア

by eiseisite in 段ボール活用法

Comments closed Comments

近年ではダンボールインテリアがインターネットなどで購入できるのを知っていますか。
おしゃれなクラフトカラーのダンボール家具たちはとても人気があるそうです。
ダンボールはとても丈夫なので家具としてもインテリアとしても長持ちするので活用されているのでしょう。

簡単に自分でできるダンボールインテリアへの活用術もあります。
例えば、ダンボールを収納として使いたい場合。
ダンボール自体に模様が入っていたり社名が入っていたり、文字が入っていたりしてそのままだとインテリアとしてはちょっと…ですよね。しかし、それならアレンジしてみましょう。

布やフェルト、自分の好みの包装紙などをダンボールに貼ります。
レースやアップリケなどを貼り付けてもかわいいですよ。
自分の好みにアレンジすることでダンボールとは思えない素敵な収納箱になります。
とても簡単でボンドなどで貼るだけ。もし不要になったり汚れてしまったらリサイクルに出しましょう。

ダンボールをカットして小さめの収納を作ったり、簡単な本立てにしてみたり…とダンボールをカットして布などを貼り付けて組み立てるだけで最初からその商品だったかのような仕上がりになります。
とても大雑把に作っても上手につくれるほど簡単ですのでお試し下さい。

18
4月

非常用にダンボールを一枚

by eiseisite in 段ボール活用法

Comments closed Comments

今、日本では大きな地震があったり、大きな災害があったりで避難時の生活が大きくクローズアップされる機会が多く、たくさんの人たちがもしもの時を考えて防災用のグッズに関心を寄せています。

実際に被災地で活躍したグッズたちを紹介していたり、活用されたものが注目を受けていますが、被災地で活躍したもののひとつがダンボールです。

ダンボールは避難先では万能になります。
避難所は体育館などが多いのでただ単に自分の下に敷いておくだけで冷たく固い床に座らなずに済みますし体温の低下を妨げます。
布団や毛布などがないときはダンボールをかけたり巻いたりして寒さから身体を守ったという例も東日本大震災のときに多く報告されています。

避難所では着替えスペースなどもなく個人のプライバシーもなかなか守れない中、ダンボールで簡易更衣室を作ったり、仕切りを作ったりと壁や個室として使うこともできます。

さらには簡易トイレ。
トイレが避難所などで少ない場合はダンボールにビニールを敷いて吸収のためにテイッシュなどを大量に入れて簡易トイレとして使えます。

どれもこれもダンボールが丈夫で持ち運びしやすく万能性があるから活用できるのです。
非常時にはダンボールを持っていくととても助かるものとして活用ができるかもしれません。

4
4月

みんな大好きダンボールハウス

by eiseisite in 段ボール活用法

Comments closed Comments

子供たちは大きなおもちゃが大好きですよね。
でもなかなか大きなおもちゃは家のスペースの問題があったりして購入を躊躇してしまうものです。
大きなおもちゃを購入しても、コレを使うのはいつまでだろう…とおもちゃを使う時期について考えてもなかなか難しい部分があります。

しかし、ダンボールで作ったものなら処分も簡単にできて子供も自由に使えるのではないでしょうか。
子供たちが大好きなのはダンボールハウスです。

子供にダンボールを与えて、自分でダンボールハウスを作ってもらうのも創造力が生まれて良いでしょう。
いろんなダンボールを組み合わせて大きなダンボールハウスを作ると子供はしばらく遊びに夢中になると思いますよ。

ダンボールをカットするときはカッターが必要なのでカッターの部分はご両親がやってあげると良いですね。
窓をつけたりドアをつけたりするのは成長の証になります。最初はただのダンボールの箱に入って遊んでたものが天井が付き、窓が付き、ドアが付き…と子供の成長が見られるのもダンボールハウスの変化です。

好き勝手にお絵かきさせてあげられるのも良い点ですね。
インターネットで検索するとダンボールハウスが作れるキットなども購入でき、ダンボールハウスを簡単に作れるものもありますのでそういったものを利用されても面白いですね。