5月, 2010 Archives

22
5月

手作り品も段ボールを活用

by eiseisite in 段ボール活用法

コメントは受け付けていません。 Comments

段ボールと一口に言っても、いくつかの種類に分類されます。

最近は簡単に組み立てが出来、
蓋が取っ手のようにしまいこめるものも有りますが、
このような形状のものは厚み的には比較的薄いものになっています。

これを活用する方法もいくつか有り、
パターンなどの型紙として使う方もいるようです。

洋裁など、手作り品を作っている方に多いかもしれません。

このような型紙は、「ボール紙」を買えば作れるのですが、
せっかくならタダで作ってしまったほうがいいのです。

ただ、こちらでそれを作るとなると、
くり貫きの作業をする材料としては不足が出る場合が有ります。

何故かというと、くり貫きの場合、
下の素材の状態を把握しなければならないため、
透明アクリルやクリアファイルなど、見える素材のほうが適しています。

ですので、型取りに向いている、段ボールの活用方法になります。

この箱を使って型紙を作る際の注意点ですが、
角があるものだと使っていくうちに角が無くなってきます。

その為、同じものを作る可能性が高ければ、
幾つかを定期的に作る必要が有ります。

あるいは、何枚か重ねる方法を取りますが、
ボンドでしっかりとくっつけると、繰り返し使える回数は長くなってきます。