6月, 2010 Archives

20
6月

荷造り再利用のちょっとした豆知識

by eiseisite in 段ボール活用法

段ボールって欲しい時に無い、
一方、「何かに利用できるだろう」と溜めておくと
結局は大掃除の際に捨ててしまうということが多いと思います。

荷物を送る予定が度々あるのなら、
ある程度決まった大きさのものだけを取って置けば、
利用価値は有ります。

例えば、ゆうパックで送る場合、
60、80、100とサイズが分かれ、
それに応じて値段が決まってきます。

中途半端に65センチを置いておくと、
80サイズの料金がかかってしまいます。

ちなみにこのサイズというのは、
段ボール箱の縦・横・高さの合計の長さで、
薄っぺらなものでも真四角なものでも長さが同じであれば、
同じサイズとして扱われます。

このように段ボールを荷造り梱包として使う場合、
サイズで分類してしまうと使い勝手が良くなります。

また、仕舞うときにラベルを上手く剥がしておくと
すぐに使うことが出来ます。

荒っぽくやってしまうとうまく出来ませんので、
カッターなどで切り込みを入れて表面だけを剥がせば、
切り取った後は残ってもあなたの個人情報が残ることはありません。

送られてきた状態によって大きく文字が書かれている場合、
オークションなど、知らない方への荷造りをするなら
「段ボールを再利用しています」と書いておけば、
気持ちが良かったりします。