7月, 2010 Archives

22
7月

段ボールで子供用家具の作り方

by eiseisite in 段ボール活用法

コメントは受け付けていません。 Comments

段ボールを丸めたことがあるでしょうか?

かなりしっかりとし、棒のように硬くなりますが、
これを利用して子供用の椅子やテーブルを作ることが出来ます。

テーブルだと足が中に入らなくなりますが、大きめに作れば、
お絵かきやお子様同士のちょっとしたパーティーにも使えます。

さて、作り方ですが、段ボールを同じ大きさにカットして丸めていきます。

最後はガムテープで固定し、
いくつか作ったらそれを思い通りの形に束ねていきます。

形が決まったら再度ガムテープで固定していき、上下の天板を作ります。

天板は2重か3重にすると、土台となっている束の凸凹が気にならなくなります。

天板は木工用ボンドで貼り付けてください。

天板と土台も同じようにボンドで付けますが、
引っ付かない部分や気になる部分は重石をするといいでしょう。

土台の隙間に新聞紙を詰めるのもいいでしょう。

最後は撥水性のある壁紙やビニール素材で裏が糊面のシートでデコレートします。

この応用で子供用のトイレのステップを作ることが出来ます。

紙で出来ているので捨てるのも簡単ですし、
撥水性のあるシートなら汚れても拭くことが可能です。

形はこの字型にするといいでしょう。

密度を細かくすると重くなりますので、
かなりしっかりとしたものが出来ます。

とてもチープですが、本格的に作るなら大き目の段ボールを集め、
形を決めてそれを重ねて作る方法も有ります。