9月, 2010 Archives

22
9月

小さな子供の為の段ボール活用

by eiseisite in 段ボール活用法

コメントは受け付けていません。 Comments

私たちが目にする段ボールにも、幾つかの種類が有ります。

その中で荷造りに使われるものの多くが、
A式箱といって、比較的低コストで作られているようです。

入っているものによって厚みが異なり、
重量があるのものだと結構しっかりとしたものになっており、
荷造り以外でも活用することが出来ます。

小さなお子様がいらっしゃるなら、
そのような箱を一時的におもちゃ箱として使うことが出来ます。

子供は成長しますので、それに合わせておもちゃも変わってきます。

お気に入り以外は、「リユース」という形で、
他の子供たちに回すと喜ばれますし、
年齢に応じたものをプラスしていくことが出来ます。

収納の知恵として「1枚買ったら、1枚か2枚は捨ててしまう」という方法になります。
そうすれば場所を取ることがありませんし、
その分だけいつも入っているという状態になります。

小さなお子様の為のお勧め段ボール活用法があります。

・庭やベランダで敷物にしてしまう(遊んだ後は畳んでしまえます)
・キャタピラーにして親子、兄弟で遊ぶ(切れるまで使えます)
・お昼寝布団の下に敷く(フローリングなど床が冷たい場合)
・公園やピクニックなど、アウトドアの際に車に入れておく(遊び以外にも活用できます)

とても簡単なことで、貧乏臭いと思われるかもしれませんが、
片付ける習慣を楽しく、紙なのに温かい、捨てるものなのに
沢山の活用法があると子供たちに肌で知ってもらったり、
想像性を豊かにする効果もあるようです。