11月, 2010 Archives

19
11月

発表会に段ボール

by eiseisite in 段ボール活用法

コメントは受け付けていません。 Comments

これから学芸会などの催し物が増えますが、そこでも段ボールは活躍します。

もう既に目にされている方もいるでしょうが、変装する際、例えば馬や牛、山など、大きなものを演じる場合、底を抜いて中に入れば、どんなに大きいものも変身できます。

箱の何倍もあるのなら、それ相当の数と人を配置し、高さがある場合は段ボールと飾りの接着部分の角に、頑丈な棒をセッティングすれば良いのです。

二人一役の馬などの場合、後ろの人がお尻と振るなどの演技があれば面白いですが、人数が足りない場合は一人で演じるしかありません。

問題は後ろ足ですが、ブラブラにさせても面白いですし、長いビニール風船を用いても良いと思います。

蹄(ひづめ)となる部分には小さめの箱やボール紙で装飾をし、両足にはめてしまえば立派な蹄が完成します。運動靴でやられていることも多いですが、体の大きさに比べ足が小さくなっていますので、あれはあれで笑いを誘ってくれたりします。

イベント時にはなにかしらと出番の多い段ボールですが、大きな設置物、装飾板、ゲーム用のボックス、看板など、準備した分だけ使えますので、シーズンに向けて集めておくと良いかもしれません。

恐らく学校でも準備をすると思いますので、お子様がいらっしゃるご家庭では捨てずに聞いてみると良いでしょう。