2月, 2011 Archives

17
2月

軽い物なら棚板にも

by eiseisite in 段ボール活用法

コメントは受け付けていません。 Comments

たかが紙と言っても、段ボールには凄い力がありますので、軽い物を乗せるには棚板としても活用できます。

私がやったことのあるものは、CDを2段収納したことです。

棚のサイズによっては使い勝手が悪いものもあり、上に沢山のスペースが空くこともあります。あるいは収まりきれない高さだったりします。

そんなときは縦に重ねるか、横に重ねることになりますので、そのようなときに段ボールが生かせるのです。

形は箱のままでもいいですし、板として使っても良いと思います。

橋渡しする必要があれば、何枚かシート状の段ボールを木工ボンドで貼り合わせ、強度をプラスしていけばよいと思います。

断面の波形はアクセントにもなりますし、気になるなら布や紙で覆ってしまってください。キッチンならアルミホイルが最適です。汚れたらすぐに剥がせ、新しいアルミホイルで化粧直しすることも可能です。

単に重ねるだけなら、飾りなど要りません。重ねてある程度潰れますので、汚くなったら新しいものと取り替えればいいのです。間に入れておくことでクッションとなり摩擦による破損も防止出来ます。段ボールの波形は衝撃から守ってくれるよう設計されていますので、棚の仕切りとして使うにはもってこいなのです。

3
2月

パソコンデスクに段ボール

by eiseisite in 段ボール活用法

コメントは受け付けていません。 Comments

キーボードの音が気になるなら、段ボールを敷いてみてはどうでしょう?

私はキーボードの下に実際敷いていますが、かなり良いです。

パソコンで仕事をしているとキータッチの音がしますが、BGMや人の声が有れば気になりません。
また、全員が同じ音を立てていても気になりませんが、調べ物をしているとき、
書類の誤字脱字を延々と調べているときって、とても気になることがあります。

私が以前勤めていた会社に少し嫌いな人がいました。
嫌いだったからかは分かりませんが、この人がパソコン素触るとイライラしたのです。
妙にエンターキーの叩き方の癖が感じられ、しかも音が大きくて何度も叩くのです。

家庭だと寝室を共にされているご夫婦、あるいは兄弟姉妹がいる場合、
夜中に一人パソコンを触るときって気を使います。
仕事なら仕方ないのですが、他の部屋に行くなど寝ている人への配慮って必要ですよね。
しかし、デスクトップですとそうはいきませんので、音を吸収してくれる段ボールを取り入れてみるのです。

使ってみると音が小さくなると共に、弾力が有ることを感じます。
なんていうんでしょう?柔らかさを感じるんですね。キータッチはしやすいと思います。

冷たいスチール机を使われているなら、温かさも得られると思いますよ!