6月, 2011 Archives

14
6月

家具の隙間も埋められる

by eiseisite in 段ボール活用法

コメントは受け付けていません。 Comments

今はあまりお目にかかれませんが、ある程度の年齢の方のお宅では、タンスの下敷きとして新聞紙などを使ったりしています。

畳に後をつけないという配慮もあるでしょうが、それをしているだけでフローリングなら移動が楽になります。

それ以外に重要な役割もします。

それは「転倒防止」になりますが、家具が変形する場合もありますが、前部分に段ボールや新聞紙を挟み込むことで後ろに反るような形になります。そうすることによって普段の生活で使う際のぐらつきを無くし、前に倒れることを予防できるのです。

例えば、ギュウギュウに詰め込んだ本棚から本を取り出すとき、そのまま倒れそうになったことはありませんか?ぐらつきが分からない人だとそのまま勢いで引き抜いてしまうこともあり、大変危ないものです。

図書館でも棚に工夫がされています。

並べられた本が見やすいという利点もあるでしょうが、奥が深くなっている本立てってありますよね?あれは重心を後ろに持って行くことで転倒防止にもなっているのです。

中段、下段の本は見やすいですが、背が届かない上段などは本は見にくくなっています。

皆さんの棚も段ボールで重心を後ろに持って行ってみませんか?見た目は良くないですが生活の知恵をアピール出来たりしますよ。