6月, 2012 Archives

28
6月

板ダンボールは看板に

by eiseisite in 段ボール活用法

コメントは受け付けていません。 Comments

バザーとは幼稚園や保育園、障害者施設などで学校のために皆の家の不用品を売り、販売益を寄付するというものです。
フリーマーケットのようなものと思っている人も多いですが、売り上げが学校の資金になるというところが全く違います。そのお金で校庭の遊具を買ったり教材を買ったり教育に役立ちます。
学校では役員会でバザー係りを決めて不用品を集めて並べたり、遊びに来る人達の為に模擬店を出したりします。
不用品は生徒一人一つ出してもらっても相当な量になりますが、近所の方からも出してもらったりするので回収作業も陳列も大変です。バザー係りは何日も前から準備をします。
きちんとした準備をしてこそバザーが成功するのです。綺麗に並べるだけで売り上げが全然変わってくるのです。せっかくなら全部売りたいですよね。
バザーではダンボールが活躍します。板ダンボールを使ってそれぞれの看板を作ります。「わたあめ」などとカラフルなペンや折り紙、お花を貼ったりシールで飾り付けをします。
皆で作ると楽しいですね。子供達も当日自分の書いたものが飾られていると喜びます。
このようにバザーは準備することが山ほどあります。役員や係りの人だけでなくお客さんも含めたくさんの人が協力してバザーを成功させましょう。

14
6月

玉ネギ、人参、ジャガイモはダンボールで

by eiseisite in 段ボール活用法

コメントは受け付けていません。 Comments

冬の常備野菜と言ってもいいほどよく使う玉ネギ、人参、ジャガイモ、サトイモは冷蔵庫の冷気を嫌います。冷蔵庫は根菜類にとっては冷たすぎなのです。
他の根菜類、牛蒡やサツマイモ、ヤーコンなどもそうです。かといって料理に使うたびに買い物に入っていたのでは疲れてしまいますよね。肉ジャガやカレー、ポトフなど作るとあっという間になくなります。
玉ネギ、人参、ジャガイモ、サトイモはダンボールの中に入れて上に新聞紙を軽くかけておくのが一番長持ちします。適度の保温性と適度の通気性を保つダンボールは土の中に近いようです。
玉ネギ、人参、ジャガイモ、サトイモは土の中で保存するのが一番いいのだそうです。マンション、アパート暮らしや社宅暮らしの人はそうはいかないのでダンボールを活用します。
通気性をもう少しよくするために側面に小さな穴を開けるのもいいと言います。根菜類は乾燥も苦手なのでダンボールのふたは軽く閉めておきましょう。冬は結露や湿気も多い時期です。
そしてダンボールはやはり紙ですので湿気に弱いです。適度な保温性もあるので虫もつきやすいです。なるべく新しくて綺麗なダンボールに入れましょう。湿気と虫には十分注意して保管して下さい。