8月, 2012 Archives

23
8月

子供のおもちゃ箱

by eiseisite in 段ボール活用法

コメントは受け付けていません。 Comments

子供は片付けが苦手です。大人でも苦手な人がいるので子供が苦手なのは当たり前かもしれません。子供があまりにもきちっとしていたらそれはそれで可愛くないかもしれませんね。
でも片づけやすくしてあげるのも大事な事です。これはここに、あれはあっちにと口で言っても子供は覚えられません。楽しく片付けができるように大人が頑張ってあげないといけません。
そこで手作りのおもちゃ箱を作ってあげるとお母さんが作ったものということで少しは片付けてくれるようになります。通販で靴を買うとしっかりしたダンボールに入れてくれます。
それを使って小さな車や小さな人形を入れる箱を作ってあげましょう。
そのダンボールにそれぞれが入る仕切りを作ります。おもちゃの大きさにもよりますが、8等分ぐらいに仕切ります。そこが一つ一つの「おもちゃのお部屋だよ」と教えると遊び終わったら「お部屋にいれてあげないと」と自分から片付けてくれます。
もちろん忘れることも多いですが「お部屋に入れてあげないと」というと急いで入れてくれるようになります。
おもちゃにもそれぞれ自分の場所があるということを教えてあげて場所を作ってあげると子供は片付けやすいようです。お母さんも大変ですが、子供の片付けの為に頑張りましょう。

9
8月

片付けが苦手な人の最後の手段

by eiseisite in 段ボール活用法

コメントは受け付けていません。 Comments

片付けが苦手な人はたくさんいると思います。私も片付けが大の苦手です。色々やってみるのですが、その時は綺麗になっても2、3日するとものすごく散らかってくるのです。
元の場所に片付けないからだと主人には言われますが元の場所に片付ける暇がないとか片付けても子供が出すなどと言い争いになるので毎回、困っています。
普段散らかってる分にはいいのですが(あまりよくないかもしれませんが)困るのはお客さんが急に来る時です。その時は急いで片付けますがやはり片付けられない時もあります。
そういう時の最後の手段が倉庫にダンボールを常に1枚は置いておくのです。あと部屋の雰囲気にあう大きめの布も1枚用意しておきます。倉庫がない人は使わない部屋に置いておきます。
そこからダンボールを持ってきて散らかっているものをとりあえず全部入れてしまうのです。もちろん液体や水分の物はダメですが、おもちゃや洋服や本などは全部入れてしまいます。それから部屋の隅に置いてその布をかぶせます。
その上にちょっとティッシュとリモコンと本数冊でも置いておけばお客さんは何かの棚だろうくらいにしか思いません。部屋の雰囲気とあっている布にすれば目立ちませんよね。お客さんが帰られた後、反省しながらきちんと片づけましょう。