9月, 2012 Archives

20
9月

文房具箱

by eiseisite in 段ボール活用法

コメントは受け付けていません。 Comments

家の中の文房具も知らない間に色々増えています。特に子供が幼稚園生や小学生だと、もらったり買ったりして使わないペンやインクの出ないペン、大きな自由帳や長いクレヨン、大きな粘土版など引き出しに入りきらないぐらい増えているのです。
これくらいの時期の文房具は大きな物も多いので最初から引き出しには入りきらない物もたくさんあります。文房具箱を作ってあげましょう。
しっかりしたダンボールで大きな画用紙が入る大きさのものを用意します。ダンボールの内側に壁紙を貼ります。布でも紙でもいいのですが、ペンなどをしまう時にインクが付いてしまって布や紙だと消えないので時間がたつと汚くなってくる可能性があります。
長く綺麗に使いたいのであれば壁紙であれば適度な水分やインクも拭けば取れるのでおススメです。外側にも壁紙を貼るか子供に絵を描かせても可愛いかもしれません。
これで大きな自由帳をもらっても画用紙をもらってもとりあえず片付ける場所ができるのでぐちゃぐちゃになりません。一か所にまとまるとインクの出ないペンも見つけて捨てられますし、書き終わったノートも見つけられます。
使わないものはどんどん捨ててなるべくすっきりまとめてあげましょう。

6
9月

車の中にはダンボールを必ず1枚

by eiseisite in 段ボール活用法

コメントは受け付けていません。 Comments

車のトランクにダンボールを1枚と大きめのビニール袋を1枚置いておくと何かと便利です。倒れては困るものを買い物した時、とりあえず組み立てて入れておくことができます。
例えばケーキや鉢の付いた花、柔らかいお菓子、卵などを一時的にそこにいれておくと子供に踏まれたりもしないので安心して運転できます。
また公園に行った時にロール式のすべり台などはそのまま滑るとお尻が痛いのでダンボールを敷いてすべるとおしりが痛くなく滑れて子供も楽しめます。
ダンボールを敷いた方がよく滑るのでとても楽しいようです。また、ちょっと芝生で一休みしたい時にもさっと敷けるのでお母さんの洋服を汚すこともありません。
急にお客さんが乗ることになってもその辺に散らかっているものをダンボールに入れてふたをしてしまえばすっきりできます。ダンボールは片付けが苦手な人の味方なのです。
雨と泥で汚れた長靴や洋服もそのまま車に乗ると一気に泥で汚れるので一時的に大きめのビニール袋にいれたり、ダンボールに入れても助かりますよね。
ダンボールは汚れたら軽く拭けば長く使えます。あまりにも汚くなったら資源ごみへ出して新しいものを入れておくといいです。普段は畳んでおけば場所も取らないので是非一枚入れておいてください。