5月, 2013 Archives

30
5月

収納にあわせて大きさを変えてみよう♪

by eiseisite in 段ボール活用法

コメントは受け付けていません。 Comments

ダンボールは四角く大きさもダンボール業者の規定で決まっています。
しかし、ココにダンボールを入れられたら…と収納として活用する際に思ったことはありませんか。

例えばベッドの下のスペースにダンボールを入れて収納として使えたら便利だなぁとか、家具の隙間のスペースに収納として入れられたら…という考えになったことがありませんか。

そんなときは作ってしまえば良いのです。
ダンボールは気軽に誰でも工作できるところが良い点でもありますので好きなサイズにカットして布や包装紙などを貼りつけ、それから好きな大きさに組み合わせると自分サイズの収納は簡単に作ることができます。
こんなサイズの収納欲しかった!を簡単にかなえることができます。

そういった隙間やスペースの活用をするにあたってピッタリなサイズの収納というのはなかなかないものですが、なければ自分で作っちゃいましょう。
ダンボールは簡単に切ったり貼ったりすることもできますし、なにより良いのは簡単にできること。

簡単に誰でも作ることができて誰でも簡単に設計することができるのです。
さらにダンボールはとても丈夫で長持ちしてくれることでしょう。いらなくなったり使わなくなったりしたらリサイクルとして出してしまえるところも良いですね。

16
5月

保存庫はダンボール

by eiseisite in 段ボール活用法

コメントは受け付けていません。 Comments

ダンボールには様々な使い道がありますがそのままでも充分に活用できます。

ダンボールにそのまままとめたいものを収納して押入れの奥にしまうなんてことも多い活用法で、そのままの活用法ですが、ダンボールは以外にも保存庫になると知っていますか。

毎日の食卓で欠かせないものをいえば野菜。
野菜を取らないと人間の身体の栄養は偏ってしまいます。とても栄養素の高い大切な野菜。
野菜を保存する中で、冷蔵庫で保管するものと冷蔵庫ではなく常温で保管するものとありますよね。

特に根菜と呼ばれる野菜たちは陽の当たらない場所で常温で保存することで長持ちし、おいしく食べることができます。

それにとても向いているのがダンボール保存です。
保存方法は簡単です。
ダンボールにただ入れておくだけ。部屋の中の湿気などにもよりますが、もし湿気が多い部屋だとしたら湿気をとるシートなどを一緒にいれると良いですね。
ダンボールの中でニンジンやジャガイモ、カボチャなどを保管し、キッチンの棚の中や空いたスペースに置いておくと野菜たちを保存することができますよ。

ただ単にダンボールに入れてあるだけに感じますがダンボールは保存のために余計な湿気の除いてくれるだけでなくそれによって虫よけになったり機密性が適度にあるので保存状態として長持ちしたりととても適しているのです。

2
5月

ダンボールでインテリア

by eiseisite in 段ボール活用法

コメントは受け付けていません。 Comments

近年ではダンボールインテリアがインターネットなどで購入できるのを知っていますか。
おしゃれなクラフトカラーのダンボール家具たちはとても人気があるそうです。
ダンボールはとても丈夫なので家具としてもインテリアとしても長持ちするので活用されているのでしょう。

簡単に自分でできるダンボールインテリアへの活用術もあります。
例えば、ダンボールを収納として使いたい場合。
ダンボール自体に模様が入っていたり社名が入っていたり、文字が入っていたりしてそのままだとインテリアとしてはちょっと…ですよね。しかし、それならアレンジしてみましょう。

布やフェルト、自分の好みの包装紙などをダンボールに貼ります。
レースやアップリケなどを貼り付けてもかわいいですよ。
自分の好みにアレンジすることでダンボールとは思えない素敵な収納箱になります。
とても簡単でボンドなどで貼るだけ。もし不要になったり汚れてしまったらリサイクルに出しましょう。

ダンボールをカットして小さめの収納を作ったり、簡単な本立てにしてみたり…とダンボールをカットして布などを貼り付けて組み立てるだけで最初からその商品だったかのような仕上がりになります。
とても大雑把に作っても上手につくれるほど簡単ですのでお試し下さい。